障害者ヘルパー事業所って何?
障害者ヘルパー事業所とは、障害をお持ちの方にサービスに応じて有資格者であるヘルパーを派遣する事業所を指します。この事業所は法人格である事と、管理者除く常勤換算2.5人以上の人員配置が必要で、市町村に指定申請がおりた事業所を言います。
障害者ヘルパー事業所の事業内容は?
事業所うぇいぶの事業内容を分かりやすく言うと、障害者の方にへルパーを派遣することです。しかしヘルパーなら誰でも良いわけではありません。もちろん質の高いサービスを提供できるヘルパーでなければいけませんし、事業所の管理者やサービス提供責任者は利用者やその家族のニーズを把握し関連機関と情報を共有することが必要です。うぇいぶは、質の高いサービスを提供できるヘルパーを育成できるよう日々、頑張っています。

障害者ヘルパー事業所うぇいぶの行う具体的なサービス内容

障害福祉サービスは大きく分けて介護給付・訓練等給付・地域生活支援事業の3つに分かれていて、さらに介護給付には10のサービス、訓練等給付には4つのサービス、地域生活支援事業には3つのサービスが存在します。当事業所【うぇいぶ】が提供できるサービスは介護給付の居宅介護・重度訪問介護・同行援護と地域生活支援事業の中の移動支援(大阪市)が該当します。内容は以下参照。


居宅介護 自宅で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います。
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で、入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います。
同行援護 移動に困難を極める視覚に障害のある方の外出時に、本人に同行して移動に必要な情報の提供や、移動の援護、排せつ、食事などの介護のなど、本人が外出する際に必要な援助を行います。
大阪市移動支援 円滑に外出できるよう、移動を支援します。

居宅介護はサービスにより身体介護、家事援助、通院介助とさらに区分けされています。
以下参照


身体介護 食事・排せつ・衣類着脱・入浴や身体の清拭など
家事援助 調理・衣類の洗濯、補修・住居等の掃除、整理整頓・生活必需品の買い物・その他必要な家事
通院介助 通院に関わる介助全般