↓介護転職する前に取得しておいて損はない資格↓

ケア資格ナビ【介護職員初任者研修】

介護転職志望動機

思い返せば…
同僚らとの酒の飲み会、愚痴ばかり…
家族との団らん、不平不満ばかり…
ほんの数か月前まで、毎日が嫌で仕事にやりがいが持てなかった私。
それが転職して半年足らずで皆から「いきいきしてるね!」って。
私が変化を遂げた理由は今からお話しするほんの小さなきっかけが始まりでした。

 

私は大学を卒業し就職難の中、何とか銀行員として採用される事になりました。
銀行と言っても王手ではなく町の信用金庫。

 

勤めて最初は一通りの事務作業でしたが、すぐに営業にまわされました。

 

銀行員の営業は厳しいノルマがついてきます。
それは重々承知してましたが、超が付くほどの低金利のご時世に預金なんてしてくれる人はそうそういません。

 

毎月のノルマを達成できなければ上司から嫌味どころではない強烈な怒られ方をされます。
それでもノルマを達成できている同僚がいるのも事実で、そいつは上司にチヤホヤされ満足げに私を見下している感じを受けていました。

 

本来、上司ならノルマを達成できなければ、預金取ってこい!の一点張りではなく、ノルマ達成のノウハウを指導すべきなんじゃないか!?
そんな話を気の合う同僚と、いつも飲みの席で愚痴っていました。

 

仕事に行けば怒られる。
そんな毎日を過ごしていると家族団らんも暗く不平不満ばかりで家族との喧嘩も絶えませんでした。

 

そんなある日、母が私に…

 

 

前から言おうと思ってたけど、あんたは営業なんて向いてないよ!

 

 

その言葉に気づけたんです。
実は私自身も営業職に向いていないことはわかってたのですが、仕事って生活の手段だし妥協しないといけないと自身に言い聞かせてたんです。

 

間違いに気づいたからには行動しよう!
そう思って昔から興味のあった介護の仕事について調べることにしました。

 

なぜ初めから介護の道に進まなかったかは、イメージにつきます。
世間では介護職は3K(きつい・汚い・危険)といわれています。
そんなイメージが私には残っていて、本当は世話好きな私なんですが…
どうしても人からの目線が気になり、ホワイトカラーと呼ばれる銀行に就職したんです。

 

しかし、適性に気づいた今は人からの目線なんて関係ありません
やりがいのある仕事をしようと!

 

 

介護転職サイト

介護の仕事に転職しようと思い、調べてみたものの興味はあるが資格がないし、介護の知識もないからなぁ。
そんな感じで戸惑いながらも介護転職サイトを利用する方が賢明と判断しました。

 

介護転職サイトは実に沢山あって、それぞれ特徴が違うものの結局どこを利用しても同じような気がしてた頃。
利用満足度96.7%のサイトを発見。

 

求人数が首都圏で最大級で、その中から専任人材コンサルタントがどんな条件でも無料で交渉してくれるってのに惹かれました。また登録してから求人紹介、面接までがスピーディーなんです。

 

ハローワークより絶対いいじゃん!

 

無料登録で簡単 >> スマイル SUPPORT 介護

 

 

PS.今思えることは誰にでも適正ってあるってことです。向かない仕事を無理からして人生をダメにする事だけは避けるべきです。私の就職先は介護転職サイトにより高齢者の介護施設に決まりました!今は毎日が楽しくて仕方ありません。この仕事にやりがいってのを実感できています。そうなると何でも前向きになれるもので夢や目標を持てるようになりました。現在の目標は介護福祉士の資格を取得すること。前職の同僚たちは、そんな私と話して人間変わったなと思ったんでしょうね。だって見る目が違いましたから。もし、あなたが私と同じような境遇に置かれているとしたら思い切って転職してみるのも良いですよ。